誰もが憧れる美肌づくりの秘訣

陶器肌といわれるようにきめの細かな白い肌が美しい肌だという印象がありますが、それだけでは美しい肌だとはいえません。もちろんきめが細かく白い肌、というのも美しい肌には必要な要素ですが、それだけではなくほかにもいくつかの要素が挙げられます。

 

まず、水分量と油分量のバランスがとれていることです。これにより、皮膚表面にうるおいがあり、なめらかですべすべの肌を保つことができます。バランスが失われ水分量が少なくなると、みずみずしさがなくなりうるおいのない肌になります。

 

そしてその両方が失われることにより、なめらかさもなくなり荒れた肌になるのです。この水分量と油分量の理想的なバランスは個人差があります。また外見的な判断で脂性肌か乾燥肌かを区別することは大変難しいのです。

 

次に挙げられるのが、張りと弾力のある柔らかでしなやかな肌です。これには水分量とコラーゲン、そしてエラスチンが関係します。そして、血液の循環の良い血色のいい肌も美しい肌の条件には欠かせないものになります。

 

皮膚は身体を保護する能力がありますが、この能力にも限界があり年齢を重ねるごとに弱まってくるのです。皮膚は絶えずたくさんの刺激にさらされているために少しの油断でも荒れてしまいます。美しい肌を保つことは容易なことではないのです。

 

また体調の変化によりホルモンバランスが崩れることで肌は不安定な状態に陥ります。ホルモンはニキビと深く関係していてニキビ跡を作る要因にもなるのです。

 

← ニキビ跡のタイプ別で見る!効率的な跡の消し方診断へ