面皰(コメド)とニキビの関係

面皰(めんぽう)とは俗にいうコメドのことです。ニキビのごく始まりの時で毛穴が狭められることで皮脂が毛穴の奥に溜まった状態のことです。毛穴を狭めてしまう原因は角質が厚くなってしまうことです。

 

面皰は初期では皮膚の色と同じで、白っぽくポツンと出来ています。指先などで押すと白っぽい粘りのある内容物がでてきます。この大半は溜めこまれてしまった皮脂で、すでに酸化していて変質しているので異臭を伴うこともあります。

 

この段階ではまだ炎症は起こしていません。この様な皮膚の色と同じで、白っぽくポツンとできており毛穴が閉じている面皰のことを白ニキビというのです。毛穴が閉じられているため外気に触れることがなく発赤を伴うことはありません。

 

白ニキビができ少し時間がたつと、溜めこんでいる皮脂が毛穴を押し拡げて毛穴が開きます。すると皮脂は外に顔を出します。外に出た皮脂には空気中の汚れが付着し、空気に触れたことで酸化してきます。そうすると毛穴の部分が黒っぽくなり、見た目にもはっきりと確認することが出来ます。これを黒ニキビと言います。

 

この白ニキビ、黒ニキビの両者は炎症を起こしていませんし、痛みやかゆみも伴いません。見た目にもポツッとできるニキビのように劇的な変化がないのです。この段階でニキビ対策を実行する人は少ないのではないでしょうか?面皰は立派なニキビなのです。いかに面皰に早く気付くかということがニキビ跡のない肌をつくる第一歩といえます。

 

← ニキビ跡のタイプ別で見る!効率的な跡の消し方診断へ