大人ニキビと思春期ニキビの効果的ケア

思春期のニキビはホルモンバランスの乱れによる皮脂量の過剰分泌が主な原因とされています。それに伴ってできる部位も皮脂腺の多い部位にニキビができやすく顔全体や額などにできます。

 

青春のシンボルともいわれるニキビですが、思春期を過ぎた大人になってからもニキビに悩む人は多いです。

 

大人になってからできるニキビは思春期ニキビのように過剰な皮脂の分泌だけが原因ではありません。実際に、大人ニキビで悩む人のニキビのできている部位が脂性ではないからです。

 

むしろ、大人ニキビは皮脂分泌の少ない乾燥している部位、あごや頬にできます。この部位はニキビ跡につながりやすい部位です。

 

皮脂分泌が少ない部位になぜニキビができてしまうのでしょうか?

 

それは、角質機能の低下に原因があります。簡単にいえば新陳代謝がうまく行われていない状態のことです。新陳代謝がうまく行われなくなると、剥がれ落ちるべき角質がうまく剥がれ落ちなくなり角質層が厚くなっていきます。これが毛穴を塞いでしまうのです。

 

毛穴が塞がってしまうと皮脂は毛穴の奥に溜まり、細菌が増殖していってしまいニキビとなるのです。思春期ニキビ・大人ニキビともに肌の清潔を保つことが重要なことになりますが、大人ニキビはそれだけでは十分な手入れとは言えません。低下した角質機能を改善させるスキンケアが大切になってきます。

 

乾燥した肌は角質の低下を招きますので、水分補給を中心とした保湿ケアを心がけるようにします。そして、大人ニキビは身体や心の問題も大きく関係していると言われているので、生活習慣を見直すこともニキビを作らないためには重要なポイントといえます。

 

← ニキビ跡のタイプ別で見る!効率的な跡の消し方診断へ