ニキビ跡になってしまうニキビの特徴

青春のシンボルとされるニキビは尋常性挫瘡(じんじょうせいざそう)といわれる皮膚疾患の一つでもあります。

 

色々なホルモンの分泌が一挙に花開く思春期において見られることが多いことから青春のシンボルと言われているのです。一般的には顔や首、胸、背中にできますが、肌質としては脂性の肌にできやすくなります。

 

ホルモンの分泌が一挙に花開く思春期には男性ホルモンの分泌が盛んになります。皮脂は毛穴を通って皮膚の表面に分泌されるのですが、男性ホルモンの分泌が盛んになるのに伴い皮脂の分泌量が増えます。そして毛穴を塞いでしまうのです。

 

そうすると、皮膚の表面に出られなくなってしまった皮脂が毛穴の奥に過剰に溜まります。過剰にたまった皮脂は毛穴の奥を拡大して袋状になります。その皮脂を栄養源に細菌が繁殖して炎症を起こします。これがニキビとなるのです。

 

ニキビにもいろいろな症状があります。初期では毛穴の詰まった状態で、この段階ではまだ炎症は起こしていません。そこから、炎症を起こした状態に進み、更には炎症が進んで化膿した状態になっていきます。

 

更に重症化が進むとのちにニキビ跡といわれるクレーターや赤み、そして色素沈着に繋がっていくのです。

 

初期の状態で、部分的にパックをするなどして毛穴の詰まりを取り除いて皮膚の清潔を保っていればニキビ跡が出来てしまうようなニキビができることを防ぐことが出来ます。しかし、ニキビが炎症を起こした状態でのパックは肌を傷めるなどして逆効果になります。

 

← ニキビ跡のタイプ別で見る!効率的な跡の消し方診断へ