新陳代謝が乱れると肌のバリア機能も低下する

美しい肌を保つためには、新陳代謝が正常に行われることがたいへん重要です。

 

新陳代謝とは、古くなった皮膚の表面が剥がれ落ち、新しい細胞と入れ替わることをいいます。この剥がれ落ちる皮膚表面のことを一般的には角質とよんでいます。古くなった角質は自然に剥がれ落ちるのですが、その周期はおよそ1か月といわれていて肌に関しては平均28日周期で入れ替わるといわれています。

 

新陳代謝が正常でない場合、未完成なままの細胞が見られることがあります。未完成な状態の細胞は本来肌が持っている保湿力などの機能的な面においても未完成なのです。

 

また角質が剥がれ落ちずに残ったままの状態だと、表面がざらついていて硬くなったり白い粉をふいたような状態になるのです。また、角質が何層にもわたって剥がれ落ちてしまうことがあります。この場合、肌のさまざまな防御作用が低下しているということになります。つまり、肌を保護する力は弱まり外的要因からの影響を受けやすい状態になってしまうのです。

 

ニキビができる要因の一つには外的要因が挙げられます。保護力が弱まっている状態ではニキビができやすくなるのは当然のことといえます。すなわちニキビ跡の原因になるのです。

 

新陳代謝を助けるためには、動物性タンパク質とビタミンAが必要な栄養素でビタミンCがこれを助けてくれます。また、洗顔やパックも代謝を助けてくれることになります。

 

← ニキビ跡のタイプ別で見る!効率的な跡の消し方診断へ